目的別

515253545556575859

シャドウ・オブ・ウォーシリーズ
評価B100件~820位お気に入り3|PS4¥250~
発売日:2017年10月12日 メーカー:ワーナーブラザースジャパン開発元:Monolith Production)ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥5,950 / 39.6GB~  CERO:Z  その他:
  • 定額サービス対象
  • オープンワールド
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー37点
シャドウ・オブ・ウォー
ファンタジー映画(原作小説)「ホビット(ホビットの冒険)」と「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」の間の時代を描くオープンワールドアクションRPGの第2弾。前作「シャドウ・オブ・モルドール」に続き、中つ国で冥王サウロンが支配する影の国モルドールを舞台に、野伏(レンジャー)タリオンと幽鬼ケレブリンボール、一心同体の主人公2人による壮大な復讐劇が紡がれる。マップやキャラクターは大幅に増え、テキストや音声は日本語にフルローカライズされた。オリジナルの英語音声も収録。

敵種族であるオークがプレイヤーとのやり取りを記憶し、個性を持つことでストーリーに影響を及ぼす「ネメシスシステム」はさらにパワーアップ。幽鬼の力で洗脳したオークは「ネメシスフォロワーズ」としてタリオンの支持者となり、軍を組織して一緒に砦を攻めたり、占領した地域を治める首領に任命したりできるようになった。信頼や友情も育め、プレイヤーのピンチに駆けつけてくれるようになる一方、手痛い裏切りに遭う場合もある。ゲームの進行に応じて各地の敵首領が変わり、その個性を反映した王の間が形作られる「ネメシスフォートレス」も実装。

本作では軍団VS軍団の大規模なバトルが展開する。仲間になったオークたちとともに砦になだれ込む攻城戦の様子は、まさに戦争だ。アクションやカスタマイズ要素も進化。武器(剣・短剣・弓)、鎧、フード、指輪の変更が可能となり、装備したアイテムを宝石で強化できるようになった。成長ツリーに従ったスキルのバリエーションも増えている。騎乗できる生物には前作のカラゴル(別名「モルドールのライオン」)に加え、ドレイク(ドラゴン)が登場。空から炎や火球を吐いて敵を攻撃できる。なお、国内版は海外版とは異なり、前作からのキャラクター引き継ぎやゲーム内課金への対応予定はない。
動画(5)
コメント
口コミ(2)
- 2017年10月25日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:4 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:2 熱中度:2
ネタバレあり(クリックで表示・非表示)

前作モルドールの正当続編だとは感じれるし良い点。 ×残念ながら私には指輪物語のアサクリにしか感じれなかった。
攻城戦、ストーリー同じ事の繰り返し、人によっては飽きるの早いかと思う。
私は4日で飽きてしまいました。
スキル等は覚えていけば楽しいのは確実。
しかし同じ事のくりかえし…

- 2017年10月18日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:5 サウンド:3 シナリオ:5 操作性:4 熱中度:5
ネタバレあり(クリックで表示・非表示)

「ロードオブザリング」「ホビット」を見たことがある方であれば聞いたことある用語があり、ファンであればとても熱中できる。あのゴラムも登場するのでとても盛り上がれた!
 あとなんといってもこのグラフィックには驚いた!!
登場人物やオーク、ナズグル等も細かい部分までリアルに再現されていた。 ×中盤までやったが、同じ作業の繰り返しになりつつあるので飽きる人は飽きてしまうかも。。
ロードの時間も若干長め、特にサウンドはムービーとプレイ中の音量の差が激しい、ムービーの音量に合わせるとプレイ中の音量が聞こえなくなる、逆にプレイ中の音量だとムービーの音量がさらに爆音に。

LOST SPHEAR(ロストスフィア)シリーズ
評価C50件~692位お気に入り0|PS4¥129~
発売日:2017年10月12日 メーカー:スクウェア・エニックス開発元:Tokyo RPG Factory)ジャンル:ネオ・トラディショナルRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥6,264 / 4.7GB~  CERO:B  その他:
  • クロスレビュー32点
LOST SPHEAR(ロストスフィア)
1990年代の伝統的な国産RPGのスタイルに、新たなプレイ感覚を取り入れたネオ・トラディショナルRPG。「いけにえと雪のセツナ」に続くProject SETSUNAの第2弾。世界観は「セツナ」から一新されたが、儚く切ないストーリーは健在だ。舞台は、記憶によって創られた世界。その記憶が失われるとき、存在も消えてしまうロスト現象が発生する。月鐘の街エルをロスト現象が襲った際、主人公カナタが記憶を操り世界を創り変える力に覚醒。カナタはジガン帝国の要請を受け、各地で頻発するロストを調査、再生する旅に出る。

人々との会話や書物から記憶を結晶化したり、戦闘したモンスターの記憶を入手したりして、ロストしたものを再生していく。街の建物や人々、ダンジョンの内部がロストしていることもある。ワールドマップでも大規模なロストが発生しているが、かつて存在したアーティファクトを再生、あるいは新たに作成することでゲーム性が変化し、さまざまな恩恵が得られる。記憶が織りなす世界には多種多様な文明が入り交じる。船に乗って大海に浮かぶ島々や、別の大陸に足を延ばすこともできる。マップ上でいつでも仲間と会話できるパーティトークも実装。

「クロノ・トリガー」のATB2.0がベースの戦闘システムはさらにパワーアップ。パーティは3人から4人に増え、バトル中の移動が可能となった。任意に敵との位置関係が調節でき、射線攻撃や範囲攻撃を的確に決められる。行動時にタイミングよくボタンを押すことで追加効果が発動する「刹那システム」も引き続き導入。新登場の古代兵器「機装」は搭乗者の能力を大幅に高めるとともに、フィールド上の障害物を破壊したり、エンカウントを避けたりできる。機装はキャラクターごとに異なり、強力な専用コマンド「パラダイムドライブ」を備える。

なお、PS4のダウンロード版は予約すれば通常の発売日より1日早い2017年10月11日からプレイできる。
動画(2)
コメント
ドラゴンズドグマ:ダークアリズンシリーズ
評価B50件~182位お気に入り2|PS4¥3,802~
発売日:2017年10月5日 メーカー:カプコンジャンル:オープンワールドアクション プレイ人数:1人用 DL版:¥3,990 / 18.5GB~  CERO:D  その他:
  • オープンワールド
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン
2013年にPS3とXbox 360で発売されたオープンワールドアクション「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」が高解像度化されてPS4に登場。プレイヤーはドラゴンを倒す運命を背負った“覚者”となり、「ポーン」と呼ばれる3人のAIキャラクターとともに広大な世界を冒険する。ダークアリズンでは、グランシス半島を舞台とする前作「ドラゴンズドグマ」の物語に加え、大規模追加コンテンツである「黒呪島」、日本語フルボイス、新規武器&防具、そして新たなカスタムスキルなど多くの新要素が追加されている。

主人公のパートナー「ポーン」には、メインポーンとサポートポーンが存在。メインポーンは冒険を重ねるごとに成長し、装備やジョブ・スキル・アビリティの変更が可能。サポートポーンは冒険できる回数やクラフト回数(アイテム作成)などに制限があり、成長もしない。いずれもバトルにおいて自発的に行動し、戦局にあわせてプレイヤーをサポートしてくれる。主人公とメインポーンの外見は自由にカスタマイズ可能。ファイター、メイジ、ストライダーなど9種類の職種があり、冒険の途中で上級職、混成上級職に転職できる。それぞれ攻撃方法やスキルが異なるので、自分のプレイスタイルに合わせて選択しよう。
動画(3)
コメント
英雄伝説 閃の軌跡IIIシリーズ
評価C100件~468位お気に入り1|PS4¥237~
発売日:2017年9月28日 メーカー:日本ファルコムジャンル:ストーリーRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥3,630 / 37.8GB~  CERO:C  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー33点
英雄伝説 閃の軌跡III
巨大軍事国家エレボニア帝国の激動を描くストーリーRPG「閃の軌跡」の3作目にして、「軌跡」シリーズ初のPS4専用タイトル。前2作の活躍を経て、主人公リィンは《灰色の騎士》と英雄視されるようになった。士官学院卒業後、軍入りを固辞した彼は“落ちこぼれ”の第II分校に教官として赴任。担当する特務科《VII組》の生徒たちとともに新たな道を歩みはじめる。旧《VII組》の面々や、「空の軌跡」「零の軌跡」など歴代のキャラクターも登場し、物語を盛り上げる。

戦闘は画面左に表示されるAT(行動順)バーに応じて戦う「ATバトル」。従来のリングコマンド方式に代わり、方向キーや○△□×ボタンに対応した「ダイレクトコマンド」方式へと変更され、よりスピーディで直感的な操作が可能となった。ターンを消費せずにオーダー(作戦指示)を発動してパーティ全体に効果をもたらす「ブレイブオーダー」や、敵が弱体化/強化される「ブレイク/高揚」状態などの新要素もある。銃機構付きの特殊警棒「ガンブレイカー」を武器として使用するユウナは、近接戦特化の「ストライカーモード」と中距離型の「ガンナーモード」を任意に切り替えられるのが特徴。設定したパートナー同士で派生攻撃や特殊なアビリティを発生させる「戦術リンク」は健在だ。

本作では敵と接触したフィールドがそのまま戦闘マップになるので、場所によっては地形を考慮した戦い方が求められる。戦闘前に敵を攻撃して有利な状況を作るフィールドアタックには上位版の「アサルトアタック」が追加。前2作でも登場した騎神ヴァリマールによる巨大人形兵器バトル「騎神戦」はグレードアップし、生徒たちが操縦する機甲兵と部隊編成を組めるようになった。また、リィンや生徒たちは特別装甲列車「デアフリンガー号」で帝国各地に移動し、設置された簡易演習地を拠点にさまざまな任務に挑む。
動画(2)
コメント
口コミ(2)
- 2017年11月06日 - プレイ時間:30時間以上
グラフィック:3 サウンド:4 シナリオ:2 操作性:3 熱中度:2
ネタバレあり(クリックで表示・非表示)

暇つぶしができた。 ×毎回中途半端に終わる。
性懲りもなく中途半端な作品をだす。
強敵と戦闘した後、勝ったのに毎回ハァハァして手加減や本気じゃないことをアピールする点。

にゃんまげ - 2017年11月03日 - プレイ時間:1~10時間
グラフィック:3 サウンド:3 シナリオ:1 操作性:3 熱中度:2
少しだが、ほんの少しだが、カス程度だがストーリーが進んだ。
宰相、機神の謎や星杯騎士団のことなどが一部紐解かれた。
しかし解かれた謎以上にまた風呂敷広げたため、結局分からないことは増えた。
また30時間未満、ゲーム引継ぎ2周目でトロコン余裕。
取得困難なトロフィーも存在しない。 ×グラフィック:まぁ3流メーカーならこの程度かっていうグラ。決して悪くはないがPS4でやる必要性ないだろというレベル。メタルギア5、FF15、ホライゾンなどとは次元もなにもかも違う。ファルコムなら仕方ないかなという諦めもある。

サウンド:ファルコムサウンドなので悪くはないが、閃1「巨イナルチカラ」、閃2「輝ける明日へ」など最高の1曲があった点に比べ近作は至高の1曲はなかった。

シナリオ:クソ。シナリオライター関係者皆殺しにして入れ替えろって言いたいレベル。
主人公サイド「いくぞ」
敵サイト「こい」
↓↓↓
主「やったぞ」
敵「なかなかやるじゃないか、だがここからだ」
乱入者「●●●!!」
↓↓↓
敵「ちっ、ここまでか」
主「おいまてこら(棒」

この繰り返し。閃2でもクソパターンが騒がれたが、まるで成長していない。
そしてことあるごとに繰り替えされる「Ⅶ組」関連発言。
「俺たちⅦ組なら・・・」
「君達もⅦ組だ!!」
「俺が・・・俺たちが・・・新旧Ⅶ組だ!」

ガキかお前らはといいたいレベルでいつまでも学生気分。Ⅶ組ってなんだ・・・いつまで縛られてんだ?そこにしか絆と思いいれはないのか?それしか表現手段ないのか?
クソみたいに陳腐で先の読める展開が繰り返され、もはやただの『キャラゲー』。

操作性:良くなった。過去の軌跡シリーズの中でも操作性はバツグン。

熱中度:冷める。しかしラストがTo be continuedである以上、閃4まである模様。
悪夢からは抜けられない気分になる。
こいつらは話畳む気があるのか・・・。いつまで閃の軌跡やってんだ・・・。いつ最終章になるんだ…。
乖離性ミリオンアーサーVRシリーズ
DLソフト556位お気に入り0|PS4
発売日:2017年9月28日 メーカー:スクウェア・エニックスジャンル:VRキャラクターコマンドRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥3,980 / 7.6GB~  CERO:D  その他:
  • PS VR専用
  • PS Move対応
乖離性ミリオンアーサーVR
2014年にスマホゲームとしてサービスを開始したキャラクターコマンドRPG「乖離性ミリオンアーサー」のVR版。スクウェア・エニックスとグリーとの共同開発で、基本無料の本編とは独立したコンテンツ。360度視点に対応し、VR専用に制作された高精細な3Dボスとのド派手なカードバトルや、人気キャラクターたちとのコミュニケーションが楽しめる。拠点ではプレイヤーをサポートする妖精ウアサハとのふれあいが可能。DUALSHOCK 4とPlayStation Moveモーションコントローラーに対応し、ウアサハのさわり方によって様々な反応を見せてくれる。また主人公アーサーや、ウアサハの衣装はカスタマイズ可能。ウアサハの衣装を変更すると、ふれあい時の衣装に反映され、その衣装特有の行動をするようになる。
動画(2)
コメント
限界凸城 キャッスルパンツァーズ
評価C10件~461位お気に入り1|PS4¥5,080~
発売日:2017年9月28日 メーカー:コンパイルハートジャンル:パイ×シリRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥6,912 / 7.5GB~  CERO:D  その他:
  • クロスレビュー31点
限界凸城 キャッスルパンツァーズ
リビドー(下着)を集めて城を強化したり、ヒロインの胸やお尻を揉んで育成したりするパイ×シリRPG。これまでPS Vitaで展開されてきた「限界凸騎」シリーズの第5弾がPS4専用タイトルとして登場だ。舞台はとある帝国。主人公アレックスはクーデターから逃げてきた皇女をかばって窮地に陥り、そのとき地中から浮上してきた謎の城と契約して敵を撃退したものの、城に捧げる下着を集めながら国を取り戻す旅に出ることに…。

移動式の城を操作してワールドマップを進み、「!」マークが表示されている場所を調べることでイベントやバトルが発生。バトルはヒロインが行動順に従って戦うターン制のコマンド式で、AP(アクションポイント)が続く限り何度でも行動できる。MP(ムラムラポイント)を消費すれば、仲間にしたモンスター娘(モン娘)の召喚や、城からの砲撃が可能。砲撃は強力だが、1回撃つと主人公が賢者タイムに突入してしばらく不能になる。

ヒロインたちは下着を装備してスキル効果を得るほか、「ヴィーナス」「ナイト」「ガンナー」「ウィッチ」という4つの戦闘スタイルを切り替える。身につけた下着ごと揉んでスキルを定着させる「育育システム」では、胸やお尻の大きさ、形まで自分好みに育成できる。また、ヒロインやモン娘と夜のスキンシップを重ね、自慢の巨砲やらその他いろいろパワーアップする「夜遊び」イベントも楽しめる。登場するヒロインは6人、モン娘は70人以上、下着は100種を超える。正体不明の「未鑑定下着」は、鑑定することでヒロインが実際に着用してセクシーポーズを披露してくれる。
動画(2)
コメント
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団シリーズ
評価A10件~552位お気に入り1|PS4¥3,480~
発売日:2017年9月28日 メーカー:日本一ソフトウェアジャンル:ダンジョンRPG プレイ人数:1人用 DL版:¥7,538 / 10.2GB~  CERO:C  その他:
  • PS4 Pro対応
  • クロスレビュー32点
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
夕闇の魔女「ドロテア」が作り出した“人形兵”を率いて、古の地下迷宮に挑む3DダンジョンRPG。PS4版ではファセット(人形兵)のビジュアルとボイスが計14種類追加されている。舞台となるのは謎に包まれた辺境都市「ルフラン市」。プレイヤーは、ドロテアが所持する伝説の書物「妖路歴程(ようろれきてい)」となって、彼女の命により迷宮の探索を行う。引き連れるのは、人でも動物でもない、魔女が作り出した人形兵。ダンジョンでは書物である妖路歴程の代わりに、さまざまな戦闘能力を持つ人形兵が敵と戦う。

人形兵は6つの職業と性別、計12種類が作成可能で、複数の人形兵からなる「カヴン」と呼ばれるユニットを編成し、5つのカヴンを指揮して戦いを展開していく。各カヴンは配置によってアタッカーとサポーターに分けられ、最大8人編成。5つのカヴンでは最大40人の戦闘集団となる。また、カヴン単位の特殊技、カヴン同士の連携技など多彩な戦闘要素があり、より戦略的な編成を行うことが勝負の鍵となる。
動画(2)
コメント
ゴエティア -千の魔神と無限の塔-
DLソフト549位お気に入り0|PS4
発売日:2017年9月20日 メーカー:アピリッツジャンル:創塔&争奪RPG プレイ人数:1-10人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 20MB~  CERO:B
ゴエティア -千の魔神と無限の塔-
2015年12月24日に正式サービスを開始したPCブラウザゲーム「ゴエティア -千の魔神と無限の塔-」がPS4に登場。基本プレイ無料のアイテム課金制。コンシューマー版は、既存のサーバーとは別の新サーバーでサービス開始。全プレイヤーが新規の状態からスタートする。舞台となるのは資源が枯れ、死に瀕している世界。プレイヤーは世界を救う後継者となり、美少女に擬人化された「魔神」を従え、無数の階層世界「塔界」の制覇を目指す。

魔神を使役し成長させ、塔に巣食うモンスター「塔魔」を倒しながらゲームを進める。戦闘は3体1組のパーティーで戦うリアルタイムバトル。攻撃か待機かアビリティを使用するか、戦局に応じた判断が勝敗のカギとなる。最大6人まで参戦可能な「撃滅戦」、最大10人まで参戦可能な「ヴェステージ」もある。なお、PvP(対人)要素はない。
※2020年9月29日にサービス終了。
動画(2)
コメント
ファイナルファンタジーIXシリーズ
DLソフト548位お気に入り1|PS4
発売日:2017年9月19日 メーカー:スクウェア・エニックスジャンル:RPG プレイ人数:1人用 DL版:¥2,500 / 5.0GB~  CERO:A
ファイナルファンタジーIX
2000年7月に初代プレイステーション(CD4枚組)で発売された「FINAL FANTASY IX」の移植版。本作は「原点回帰」がテーマ。絵本のようなファンタジックな世界を舞台に、盗賊ジタンや王女ガーネット、ビビが出会い、それぞれの事情を抱えながら、クリスタルを巡る壮大な冒険へと巻き込まれていく。キャラクターの頭身は「FFVI」までのSDサイズに戻り、過去作のボスキャラ(リッチ、マリリス、ティアマット、クラーケン)も登場。PS4版では、キャラクターやプリレンダムービーのアップコンバート(高解像度化)に加え、高速モードや敵出現無しモード、ゲージMAXなどのブースター機能を搭載。

アイテムを装備することで様々なサポートアビリティが使用できる「アビリティシステム」や、他の場所で起こっているキャラのイベントを体験できる「アクティブタイムイベント」、リアルタイムで進行する「アクティブタイムバトル」が特徴。戦闘では敵からダメージを受けてトランスゲージが最大になるとトランス状態になり、キャラクター専用のコマンド技を使用できるようになる。

アレクサンドリア王国の王女ガーネットの誕生日を祝うため、王国へとやってきた劇団タンタラス一団。しかし劇団タンタラスの真の姿は盗賊団であり、その目的は王女の誘拐にあった。一方その頃、芝居を見にやってきた黒魔導士の少年ビビは偽物のチケットをつかまされ、ひとり途方にくれていた―。
動画(1)
コメント
ハッピーダンジョン
DLソフト538位お気に入り0|PS4
発売日:2017年9月7日 メーカー:トイロジックジャンル:おきらくアクションRPG プレイ人数:1-4人用(オンライン専用) DL版:基本無料 / 4.5GB~  CERO:C  その他:
  • クロスレビュー29点
ハッピーダンジョン
2016年12月にXbox Oneでサービスを開始した基本プレイ無料のアクションRPG。コミカルなキャラクターが大量の敵や巨大ボスに立ち向かい、ド派手なアクションバトルを繰り広げる。仲間とお祭り騒ぎしながら、森や洞窟、遺跡といったさまざまなダンジョンを攻略しよう。選択できるクラスは重装備の「戦士」、回復役の「僧侶」、遠距離攻撃が得意な「魔法使い」の3つ。最大4人の協力プレイでは、傷ついた仲間を助けたり、一斉攻撃で敵を全滅させたりとチームワークによって冒険をより有利に進められる。

キャラクターは性別や顔、髪型、肌の色などの外見をカスタマイズできるほか、1500種類以上の装備アイテムを自由に組み合わせて自分だけのキャラクターを生み出せる。
※2019年6月17日にサービス終了。
動画(1)
コメント

515253545556575859

ロールプレイング TOP 5

1ファイナルファンタジーVII リバース
2024年2月29日
スクウェア・エニックス
2ファイナルファンタジーXVI
2023年6月22日
スクウェア・エニックス
3ペルソナ3 リロード
2024年2月2日
アトラス
4ホグワーツ・レガシー
2023年2月10日
WB Games
5ドラゴンボールZ KAKAROT
2020年1月16日
バンダイナムコエンターテインメント

ロールプレイング TOP 5(DLソフト)

1バイオショック インフィニット コンプリート・エディション
2020年5月29日
テイクツー・インタラクティブ
2Jagged Alliance 3(ジャギドアライアンス 3)
2023年11月14日
THQ Nordic
3SOULVARS
2023年6月27日
Shueisha Games
4ULTIMATE HITS HD スターオーシャン3 ディレクターズカット
2017年3月31日
スクウェア・エニックス
5スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- 4K & Full HD Remaster
2017年11月28日
スクウェア・エニックス